スポンサーリンク

ホームページ作成の前に確認しておくと良いこと その3

スポンサーリンク
WEB
スポンサーリンク

実際ホームページ作るときに必要なもの

テキストデータ

会社やお店であれば、ホームページに掲載するサービスや事業内容のなどのテキストデータが必要です。会社案内やチラシを作ったことがあれば、そちらも利用できます。基本的な情報はもちろん、載せたい内容をWordやメモ帳などを使ってデータにまとめておきましょう。準備しておくとコストを抑えられますが、別途費用をかけてライティングを依頼することも良いでしょう。

事業内容、製品情報、企業・店舗情報(住所・電話番号・メールアドレス等)、沿革、関連会社、こだわり、施工事例、実績、メニュー・料金表etc.

写真・画像データ

パンフレットや社内用の画像や写真データがあればそちらも利用できます。有料・無料素材でイメージに合うものがあるとも限りませんので、自分で用意できるものは撮影した方が良いでしょう。写真はある程度のサイズであればスマートフォンで撮影したものでも問題無い場合もあります。制作会社でも有料で撮影をしてくれることが多いです。企業のロゴなどもあればデータサイズの大きいものを準備しておきましょう。

その他決めておくとと良いもの

事業、お店の情報やアピールポイント

事業内容や特に注力している取り組み、アピールポイントなどがわかる資料があればまとめておくと、ホームページに載せる内容が整理できます。

ターゲットユーザー

ホームページをどんなユーザーに見てもらいたいのかを、実際のお客様も参考にターゲット像を作り上げていきましょう。

対応地域・主要地域

事業展開で一番重要とする拠点となる地域があれば、その地域をターゲットとしたページ作りを意識しましょう。

イメージに近い、または参考にしたいWebサイト

作りたいホームページのイメージに近いWebサイトや、参考にしたいWebサイトがあればイメージしやすくなります。スムーズに制作していくためにも、あらかじめ他社・ライバル店のホームページなどをチェックして、理想に近いホームページをピックアップしておくとよいでしょう。

メインカラーやサブカラー

コーポレートカラーやブランドカラー、業種やホームページのテーマを連想させるカラーを使用するのが一般的です。同業他社のホームページではどういった色合いが使用されているのかをあらかじめチェックしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました